朝フルーツが日焼けやシミの原因に!?
朝食にNGなフルーツ

朝の定番フルーツと言えば
グレープフルーツオレンジなどの柑橘類!
スッキリ爽やかで気分もシャキッとしますよね!

しかも柑橘類のフルーツは「ビタミンC」が豊富!

日焼け対策や美肌づくりにはもってこいなフルーツなんですが

朝に食べると日焼けしやすくなる!

と言われているんです。

今回は『朝に食べるとNGなフルーツと、食べるタイミングについて』をご紹介します。

朝に食べると日焼けしやすくなる理由

オレンジやグレープフルーツなどの柑橘類の果物は、
ビタミンCの他に「ソラレン」という成分が含まれています。

この「ソラレン」は紫外線に反応しやすくなる作用があり、
メラニン色素が刺激され、シミや色素沈着を起こす可能性もあります。

その他、ソラレンが含まれるフルーツ

●みかん ●レモン ●パイナップル ●いちじく etc…

 

フルーツは何時に食べるのがいい?

朝に食べるのに注意が必要なだけであって、フルーツ自体を食べるのがダメなわけではありません。
柑橘類をはじめ、ソラレンを含むフルーツを食べるのは何時がいいのでしょうか?

紫外線の少ない夕方〜夜に食べるのがおすすめ!


ソラレンの効果は摂取後2~7時間続くと言われています。

日中紫外線をたっぷり浴びる日などは、
朝に食べるのは避け、紫外線の少ない夕方から夜に食べるようにしましょう!

食べる時間を工夫して『美肌』を目指そう

ビタミンCには抗酸化作用があり、コラーゲンの生成を助けてくれる栄養素。
時間帯や生活リズムに合わせて、食べる時間を工夫していきたいですね。

柑橘類は特にビタミンCが豊富ですが、
必要以上に体内に入ると、尿として排出されてしまうので

毎日少しずつ摂ることをおすすめします。

また、フルーツは糖分も多いので注意してくださいね!

CATEGORY

  • カテゴリーなし